« 写真集:「文殊山のお花たち」について | トップページ | 富士見台高原ハイキング »

2010年10月24日 (日)

久しぶりの山歩き

今日10月24日 久しぶりの文殊山を歩いてきました。

おおよそ1ヵ月半ぶりですから、この間の・今年の・・・文殊山の秋の移ろいを肌で感じることができませんでした。

今日は、そのことを少しでも取り返せないかとの思いと足慣らしも大切なこと。

ところで今日の新聞に文殊山のふもとで熊の目撃情報が2件載っていた。そのことを山頂で住職に確認すると、ころところ新聞以外にも結構熊情報があるらしい。やっぱり今年は何かにつけ異常なのか。

さて気になるのはやっぱり秋の草花。

もう花の時期をかなり過ぎているので、咲いていても精気を感じないがいろいろな花に出会ったのがうれしい。

たとえば、タムラソウ、クルマバハグマ、ヒメハギ、アキチョウジ、アキノキリンソウ、センボンヤリやいろんなノギク類などなど。ゴンズイの実がきれいでしたね。

それからキッコウハグマが一つも咲いていません。昨年とは少ないが花穂を立てた株をいくつも見つけるが、まだ咲いていない。このまま閉鎖花で終わってしましそうな感じ。確か昨年の今頃は咲いていたと記憶するが・・・・・・・

もうひとつ、センブリが全く見当たりません。住職に話すと最近生育地を草刈りしてしたせいではないかとのこと。それにしても跡形もないのです。
2年草ですから、今年全滅だと来年再生するとの期待がもてない。

 

004_800x600

007_800x600_3

017_800x600

009_800x600

       上からタムラソウ、アキチョウジ、クルマバハグマ、ママコノシリヌグイ

013_800x600

       ゴンズイの実 

« 写真集:「文殊山のお花たち」について | トップページ | 富士見台高原ハイキング »

文殊山ぶらぶら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真集:「文殊山のお花たち」について | トップページ | 富士見台高原ハイキング »